読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kamasukun’s blog

カマスがカマすブログ web, オススメ, 海外生活などいろいろ書きます。家賃分7万円稼げるまでブログは辞めません!!

【ザレゴト#4】日本は好きだけど住みたくないんだ!!

ザレゴト





「マン◯が臭くない人に出会ったら、心の中でガッツポーズをしている」


どうもカマスです。

f:id:kamasukun:20161121180158p:plain

「まだ日本で消耗してるの?」


イケダハヤト張りに言ってみたw 彼今高知県に住んでるんだっけ? まあ良いんじゃないかな?

「僕は日本なんかさっさと出た方が何倍も楽しいと思うけどね。」ってことを今日は書こうと思う。

          • -

一応言っておくが、このザレゴトシリーズは自分がただ発言したいことを書いてるだけであって、読み手を考えてとかキーワードなりSEOなり文字数制限なり、ブロガーとしての最低限やらなくてはいけないことを全て度外視にしたものなんで、つまらないと思ったらさっさと立ち去ってくれい。

          • -




一応海外に住み始めてからかれこれ6年近くなる。

始めは本当に貯金100万円だけを持って、英語もまったく話せず飛び出した、端から見ればただの無謀者みたいな感じ。

そんな人間でも海外で生きていけるんだよってのをもっと知って欲しいなとは思う。

そもそも海外に住むと何がいいのか。私の体験談でしかないがお話ししよう。

日本語が飛び交わない生活

これは素晴らしくストレスの減少になっている。道端やどこかのお店とか電車とかあらゆる場所に日本語が無い世界。もちろん最初は不安の方がでかかったが、それもすぐ慣れるものだ。人間は良く出来ている。いちいち他人を気にしなくていいのが自由さを感じることが出来る。


実は私は出不精で一日中家に居ても何の苦でもない。一歩間違えれば引きこもりとかニートになりかねないが、仕事はしているぜ。
日本にいると飲み会の誘いだったり、終電を逃してしたくもないオールなんかしたり面倒くさいことばかりだ。その点海外はあまりオールをする概念が無いからみんなちゃんと帰る。終電逃してもタクシーが安いし問題無い。

他人を干渉しない

海外の人たちはメリハリがちゃんと出来ている。まあ仕事の種類や、会社の風土とかあるだろうが、日本の会社と違ってプライベートを重視する比率はかなり高く、どんなに仕事仲間が忙しくても自分は定時で上がることはよくある。日本人からしたらチームワークもクソも無いが、それは自分の能力の低さが招いてると自覚を持ってやるべきだ。それか家に仕事を持って帰ってやれば良いことだ。

よく日本では「仕事を家庭に持ち込まない」ことを是としているが、そんなのクソ食らえだ。家で仕事したって良いだろう、奥さんや彼女に見せたって良いじゃないか。人生のパートナーなんだから自分が何をやってるか見せてあげるべきだ。


人生をリセットできる

とどのつまりここだろう。日本で関わってきた面倒くさい人間関係やいじめなんか全て捨て去って1から始められる。そして自分が好きだと思う仲間が出来て過ごしていく。

私はテキトーな人間が好きで(まあ自分もテキトーだからだけど)、あまり真面目真面目してる人間が苦手だ。日本人のテキトーさと海外の人のテキトーさ度合いは全然違う。いい意味でも悪い意味でも。
そんな日本では出会ったことがないような人たちと関われるのは、凄く自分とって刺激になるし楽しい。

違う言語で会話する楽しさと難しさ

最初にも言ったが、海外で住み始めた時は英語力は0だ。読み書きがちょろっと中学生レベルで、会話は下の下の下だ。

マイネイムイズカマス

そんなレベル。。。でも海外で3ヶ月だけ必死こいて勉強してたらその後仕事を手に入れて、腰を据えて海外に定住した。
正直6年経ったって私の英語はネイティヴまでは行っていない。日常会話止まりだ。それでも仕事を手に入れることは出来んだっていうのをわかってほしい。

もちろん相手に伝わらない時だって多々ある。間違えることなんでしょっちゅう。でもそんなの日本に居たって日本人と話してたって、ミスコミュニケーションはあるものだ。そんなこと考えていたらきりがない。間違ってもいいから接することが大事だ。


日本より安い

これは完全に住む国によるが、私が海外で住む対象は日本よりも物価が安いところだ。要は日本よりも発展していないところ。
「えー不便じゃねー? 汚いんじゃないのー?」って聞こえてきそうだが。

答えはYESだ。確かに不便なことも汚いところもある。


でもだからなんだ? 生きていければそれでいいだろ?
アマゾンがない、ヨドバシもない、朝5時までやってる居酒屋なんてない、コンビニも日本みたいに発達していない。

それがどうした。無かったら死ぬのか?


ネット環境さえあれば私の場合はなんとでもなる。





心配ない。とりあえず今の会社飛び出して、外に目を向けてごらん。今の自分の悩みがちっぽけになるから。





英語がわかる聞きとれる!【祐樹式リスニング戦略ラーニング講座】



またまだ言い足りなけど、とりま今日はここまで。