読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kamasukun’s blog

カマスがカマすブログ web, オススメ, 海外生活などいろいろ書きます。家賃分7万円稼げるまでブログは辞めません!!

【図解】そもそもキュレーションサイトとかバイラルメディアとは何なの??アグリゲーションサイトも

ウェブ キュレーション バイラル アグリゲーション

「やっぱり秋葉原だよね〜って言うやつ、大半オタクじゃない」

どうもカマスです。

先週、先々週と盛り上がっているDeNA事件。
カマスのブログもちょいちょい見られているようでして。ありがとうございます。
kamasukun.hatenablog.com


今は完全に矛先が村田マリになっちゃってるね〜。

このまま時が過ぎて、みんなから忘れ去られた時に戻ってくるんじゃないかなぁ?ネット住民が黙っちゃいねーだろ〜けど。


とまあこれだけ大きな事件となってしまった訳だけど、そもそもこの人たちがやってたキュレーションとかバイラルメディアってどういう仕組みなの?って言うのを疑問に感じませんでしたか?

多分なんとなーく分かってるんだけど、具体的にはイマイチって人に読んでもらえたら良いです。

キュレーションサイトとは??

まずキュレーションってーのは英語のcurationから来ていて意味は、「人力で情報を収集、整理、要約、公開(共有)すること。」

そう俗に言う「おまとめ」ってこと。

また、こう言ったまとめる人のことを「キュレーター・curator」と言う。


多分1番イメージしやすのは、本かな? 例えばグルメ本とか、旅行の本とか、まとまった情報かつ有益であるという情報を一般の人や特定の人に提示してあげることですな。


キュレーションサイトっていうのは、世の中にある膨大な情報をキュレーターが独自の判断でまとめて見せてあげているサイトのことをさす。そして一般人がキュレーターとなりしかも稼げるっていうのが、NaverとかWelqとかその他いろいろ。彼らは広告収入で稼いでいる。

こんな感じだね
f:id:kamasukun:20161212140433p:plain


私が思うに多分誰しもが一回はやったことある行為だと思うんだよね。


例えば、友達から「ねーなんかオススメの音楽教えてくれない?」とか

おじさんおばさんから「最近若者は何流行っとるんじゃ?」みたいな

要は「自分で情報を収集するのが面倒くさい人」がたくさんいるってこと。ってかみんなそうだと思うんだよね。

せっかく詳しい人やまとまった情報があるのに、それを聞かないとか手に取らないとか逆にありえないよね。


バイラルメディアとは??

まずバイラル(Viral)とは「ウイルス性の」って意味なんだけど、じゃあバイラルメディアっていうのは「ウイルス性のメディア」つまり「もの凄い勢いで広まるメディア媒体ってこと」

今やViralっていう意味に「ソーシャルメディアを使って口コミで素早く広がる」という意味も付いている。


そう、バイラルメディアのキーポイントはSNS(ソーシャルネットワーク)だ。FacebookinstagramTwitterなどを駆使してそのサイトのアクセス数を伸ばすこと方法だ。

あともう1個バイラルメディアのポイントは「インパクトや話題性のある動画・画像を中心とした記事」である。

f:id:kamasukun:20161213003656p:plain



彼らが稼いでいる方法は広告収入だ。Googleアドセンスやバナーやタイアップなど。

彼らがやりたいのはバズること(流行りに乗る)またはこれからバズりそうな情報や今現在バズっている情報を自分のサイトにも掲載してSNS拡散シェアしてもらうこと。

これは様々な嗅覚やアンテナを持っていることが大事だよね〜。「ユニークな情報」ってのがポイント


dropoutとかBuzzliveとかそうだよねー


dout.jp



buzzlive.info





アグリゲーションサイトとは??


アグリゲーション(aggregation)とは「集約、集合、集成」と言った意味で、キュレーションに似た意味を持っている。

じゃあアグリゲーションサイトってなんやねん?

イメージとしては同じようなジャンルの情報サイトから引っ張ってきて、より整理された、集まった情報を提供しているサイトのことを指します。

YahooニュースやSmartNewsなんかが良い例ですな。あとこのアグリゲーションサイトでうまくいっているのが「グノシー」でしょう。

アグリゲーションサイトも主に広告収入でまかなっています。
f:id:kamasukun:20161213010715p:plain


自分的にだがアグリゲーションサイトは今の時代に最も適している媒体なのかなと思う。「データマイニング」を駆使してユーザが欲しいまたは欲しいであろう情報を提供する手法など素敵だと思う。

今のこの情報過多な時代に、自ら新しい情報を作り上げるのではなく、様々な発信源からその人にとって価値のある情報を提供してあげる。




で何が大事なの?


さて上の3つの内容を読んでみて、ユーザから見てどれが1番大事な媒体だと思う?

「ユーザにとって1番大事な情報」=「情報の信頼性・正確性」 だと思うんだよね〜

「情報の信頼性・正確性」を重きにおいて考えるとこんな感じだよね?

  1. キュレーションサイト
  1. バイラルメディア
  1. アグリゲーションサイト

そう、こうなるとDeNANaver(Line社)がやっている、一般ユーザに書いてもらったり、クラウドソーシングでライターに依頼したり、なんだかんだ1日何百っていう記事を掲載するのってどうなの?ってなる。


もちろんちゃんと「精査できる仕組み」があればOKでしょうがね。


石原さとみ主演の「校閲ガール」みた人ならわかると思うけど、事実確認とかスッゲー地味に大変だよね〜。



あと収入源、結局どれも同じで広告収入だ。

つまりやり方は違えど、彼らが欲しいのはPV。テレビでいう視聴率だ。


Webの世界ではPV争いで様々な媒体がうごめいている。


しかもテレビとは違って、一般人も記事やブログ、そして動画も上げて稼ぐことができる。テレビっ子だった私からしたら考えられない様な世界である。


とりあえず今回はこんな感じで・・・ わかってくれたかな?? 絵下手くそでごめんね。


今度はこの3つの媒体が今後どうなっていくか、そしてどんな新しいサービスが出てくるのか予想してみようかしらね。